×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

店舗改装にお困りのかたへ!!

「オフィスレイアウトを依頼したい」、「働きやすいオフィスにしたい」、「オフィス移転を依頼したい」などの、店舗改装の要望にお答えします。ベストなオフィス環境をご提案いたします。オフィス家具類からOA機器まで、お客様のワークスタイルに合わせ、トータルにプランニング。低コストで仕上げます。貸店舗・オフィス移転・事務所開設・レイアウト変更等をご検討されている方に無料でオフィスレイアウトプランをご提案します。店舗のレイアウトは近年、起業の価値を示す一つの指標となっており、低コストで行えるため、頻繁に行われています。働く環境として大事なものですから、入念な計画をもって目的のはっきりした店舗改装をしていくことが大切です。店舗は働く人にとって一日の大部分を過ごす場所。また、企業を訪れる人からは店舗情報・企業価値をイメージする場所です。

低コストで大幅な改装を実現!

オフィスの契約を解除するには、前もってオーナーやビル管理会社に解約予告をすることが義務づけられています。通常は、3カ月もしくは6カ月前に貸主に連絡します。移転を考えるときは、現在入居しているオフィスの解約予告期間を確認し、早めに連絡をするようにしましょう。つまり、店舗の改装にはかなりの計画を必要として、長期的な計画が必要になります。また、店舗情報や店舗検索がさかんに行われるため、実店舗のレイアウトはかなり重要になってきます。店舗移転に合わせて、仕事内容の見直しと働きやすいオフィスの構築、IT&ネットワークを活用した顧客サービスの改善、企業の社会的な責任に対応したセキュリティ強化、運用管理費用の見直しを行い、安心・安全・快適なオフィスを実現!低コストでも最大限の魅力を引き出します。

店舗検索までをサポート!!

オフィスの現状回復は、契約終了後に入居していた企業が行うのが義務。現状回復の範囲は、内装全般から設備関係に至るまで入居時の状態に戻すというのが基本。現状回復の内容などについては、オーナーやビル管理会社とご相談ください。店舗の改装を行う前にこの辺のことは確認しておきましょう。店舗案内の看板を出していたりする場合はいろいろ考えましょう。保証金は、賃貸借契約が終了時に借主(入居企業側)に返還されます。賃貸借契約終了明け渡しまでに借主側に賃料の未払いやその他の債務がなければ、保証金(敷金)は、現状回復費用を差し引いた金額が借主側に返還されるのが通常です。また、償却(敷引)がある場合、何%かなどを確認しましょう。

Copyright © 2007 店舗改装のことなら、KAISOU.comにお任せ!